矯正歯科で綺麗な歯にする~ビューティートゥース大作戦~

正しい位置に治す

治療が必要となる症例

歯ブラシ

矯正歯科は、歯列矯正とも言い、不正咬合や顎変形症を治療する歯科の診療科の1つです。いずれも普段聞きなれれない名前だと思います。顎変形症は、顎の発育異常で、顔面形成の異常や機能障害を伴うものです。先天性のものと後天性のものあります。この場合は一般的な矯正歯科の治療だけでは直りませんので、外科的な手術が費地となり、保険の適用にもなります。一方不正咬合は、受け口、乱ぐい、八重歯、開咬、出っ歯などの種類があります。特に出っ歯は日本人に多い不正咬合です。ワイヤーなどによる矯正の治療により歯を正常な位置に異動させることで、審美性や口腔機能の回復やその予防を目的としています。不正咬合の多くは歯の重大な疾患や機能障害の原因となりますので、矯正歯科の役割はとても重要だと言えるでしょう。

不正咬合のデメリットと矯正歯科のメリット

不正咬合をそのままにしておくと、様々なトラブルを引き起こすことがあります。虫歯、歯槽膿漏になりやすい、口臭の原因にもなります。歯並びの悪さから顎の筋肉に負担をかけるという不具合から口の開閉が上手くできず顎関節の異常や肩こり、頭痛を引き起こすこともあります。また、ホルモンバランスが崩れ、生理不順や生理痛の原因にもなります。では、矯正歯科をすると逆にどんなメリットがあるのでしょうか。もちろん、上記で挙げたトラブルが解消するということもありますが、歯並びがよくなることで歯磨きがしやすくなり虫歯が減り、その予防にもなります。また、歯と歯の間の隙間がなくなることにより発音がよくなったり租借能力も上がります。そして歯並びが悪いことによるコンプレックスを持つ人は自身を持って笑うことができるようになり、見た目だけではなく、心理的にもよい影響を与えることが出来ます。